読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ももクロアメリカ横断ウルトラライブに行ってきた

ももクロ 海外

ももクロ初の海外単独公演ツアーであるアメリカ横断ウルトラライブが、11月15, 17, 19日に開催されました。
思い出として記憶の新しいうちに書こう書こうと思っていたのに、気づいたら1ヶ月も経っていました。悔しいです。
ちなみに僕が唯一参加できたニューヨーク公演についての覚え書き。

日時

11月19日。ツアーの最終公演。

場所

タイムズスクエアのビルボード(巨大看板)のすぐ隣にある PlayStation Theater
約2000人を収容できるそれなりにまあまあな会場。

PB180310

客層

日本からきたファンが会場の2~3割で、後は現地の人というお話だった。(ちゃんと見てない)
全部で1000人くらいの客入りだったようだけど、知名度が足りてないの明らかとはいえ、キャパの半分とはなかなか厳しい世界。
でも、ハワイ・LA公演の評判からチケットの売れ行きが伸びたそうなので、海外でも地道に口コミでいけるのでは?と期待してる…。

様相

現地のファン、日本のファンと大して変わらない。
オタクはオタクだった←
基本オールスタンディングで席指定なし。2階にテーブル席みたいなのあってのんびり見てる人もいた。
入場はまさかの整理券なしだったので、早いもの順な感じ(つらい…)

感想

わりと頑張って並んだ結果、かなり相当前方で観ることができて、昔の願いがひとつ叶った。
叶ったというより、叶えにいった感じある。なんにせよ嬉しい。

セットリストが四季をイメージしたものだったり、途中に和太鼓を取り入れていたり、海外公演だけに和をテーマにしていた。
1曲めのさくらさくらを演じる着物姿のももクロさん素敵だったし、ムーンライト伝説のためだけセーラームーンコスチュームに着替えたり、Zepp規模のライブにしては衣装チェンジ多めで、色々なお姿が見れてとても良かった。

海外公演で気合十分なももクロさんのパフォーマンスは圧巻だったし、モノノフのコールも厚くて、これまで行ったライブの中でも1・2を争うほど楽しかった。
やっぱり、ももクロ&モノノフが熱気に溢れて一体となって会場のボルテージMAX!となってる状態が一番楽しい。

距離感もおかしくて、生まれて初めてうはぁって無意識に声が漏れて我ながらアレだったり、一方夏菜子さんに指差しされて倒れる人がいたり、れにちゃんに近づかれて号泣する人がいたり、色々な意味で(?)エンターテイメントでした。

海外は興味あるけど、なかなかヨッシャ行こうという気持ちにならないので、ももクロさんには良い機会を与えてもらっている。
大変にありがたや。

参考

アメリカ横断ウルトラライブ in NY | Flickr
キラキラしてるニューヨークに負けないくらいライブで輝きたい | ニューヨークビズ
『ももクロアメリカツアー』“NY公演” セットリスト・感想まとめ | ももクロ侍
トイレはハードロックカフェで済ますと便利。
ハンバーガー安定。