ももクロ DOME TREK 2016 の感想

MOMOIRO CLOVER Z DOME TREK 2016 "AMARANTHUS/白金の夜明け" に参加してきました。

2月20日の名古屋ドーム公演から4月3日の西武ドーム最終公演まで全9公演。
ただただひたすら楽しいツアーでした。
メンバー個人の見せ場をみたとき、ももクロの新しい方向性がみえた気がして、めちゃくちゃワクワクしたのはココだけの話。
いまの気持ちをメモしていく。

玉井さん

やっぱりドーム初日公演のピアノ弾き語りが印象に残っている。
初めて弾き語りをみたとき、色々な気持ちが脳内を駆け巡って、ちょっと泣いた。
何事もそつなくこなすことから、様子のわからない企画のトップバッターを任されることが多い玉井さんは、今回も先陣を切って見事に成功を収めているし見た目も中身もとにかくイケメン。

百田さん

僕の心の闇をすべて浄化するステキな笑顔を持っている百田夏菜子さんが、天才清竜人作詞作曲のデモンストレーション・イマジネーションにのせてお送りするフープダンスは、言葉では表現できないほど尊いものだった。(信者)
特にイマジネーションは、なんか心に響く尊い何かがあって、何度もみているはずなのに毎回新鮮な感動を味わえ、尊い。
最終公演で、フープダンスを近くでみる願いが叶い、本当に尊い。

あーりんさん

「泣いてもいいんだよ」と「Zの誓い」のエレキギター演奏で、"ギターを顔で弾いている"と云われる通り、あーりん特有のドヤ感が際立っていた。
公演中のMC(という名の客弄り)がナチュラルボーンに冴えていて、お客さんを雑に扱うわりに不思議と嫌な気持ちにさせなくて、天賦の才を発揮していた。
変に媚を売らないサバサバとした対応は、単純に見ていて面白いし気持ちがいい。

高城さん

タップダンスが凄かった。(小並感)
高城さんのタップと曲が一体となってやってきたとき、とても高揚した気持ちになって、一番エンターテインメントを感じた。
アメリカ横断ツアーでもぜひやってほしい。きっと盛り上がると思う。

有安さん

ドラムを演奏しながら、本当に楽しそうに笑顔で歌っている姿を見ていたら、僕もなんか楽しくなってきて、これが幸せスパイラルか!という気持ち。
これがどれほど大変なことなのか、ドラムをやったことない僕には想像もつかないけど、簡単ではないことはたしかなので、大尊敬。
しかも、ドーム公演終盤で演奏にアレンジを加えてくる有様。
ツアーの合間に航空中耳炎にかかって一時満足に歌えない状態に陥っていたけど、公演が終わってみれば不調だったことを僕は微塵も感じていなくて、プロの凄みを感じた。

まとめ

メンバー全員が見せ場の進捗状況を本番で初めて知る(あーりんはヤベッと思ったらしいけど)という話が面白くて、お互いに進捗確認しなくてもきちんと仕上げてくるでしょうという信頼で成り立っているチームの様子が分かって、とてもいい話。

ツアー中にモノノフ方たちと嗜むお酒はおいしかったし、名古屋・北海道・大阪・福岡と各地を巡る旅行で最高だった。

アマランサス・白金の夜明け公演がもう二度と生では観れないという事実が、とても寂しくあるけれど、楽しい楽しい2か月間だった。