読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ももクロLAツアーに行ってきた

先日ロサンゼルスのアニメエキスポで開催されたももいろクローバーZのライブに参加してきました。
海外ということで公式ツアーが開催されるなら行こうと決めていて、結構ぎりぎりのタイミングでその開催が発表されたのですが、なんとかお休みが取れました。
夏休みでもなく有給を3日連続で使わせてくれる会社と同僚のリーダーには感謝です。

今回のイベントですが結論から言うと、僕がこれまで参加してきた中で最も楽しく思い出に残るものになりました。
日本から参加されていたノフの皆さんも、現地ノフの皆さんもめちゃくちゃアツくて最高でした。

今回は大きく分けて4つのイベントが行われたかなと思っていて、ひとつずつ感想を書いていきたいと思います。

1.ライブ前日チラシ配りイベント

ライブ前日の昼間にももクロさんたちがアニメエキスポの会場にやってきてチラシ配りをする突発イベントがありました。
公式ツアーでは事前に丸一日自由行動の日と伝えられていたので、僕は現地のオプショナルツアーに行っており参加できずでした。
つらみ。
とはいえオプショナルツアーは楽しかったし、ロサンゼルスに来た感が得られたのでそれはそれで良かったです。

2.ライブ前夜シークレットイベント

公式ツアーの方ではシークレットイベント的な伝え方がされましたが、普通にアニメエキスポのサイトに情報がのっていたようです。
内容はライブDVDを観ながらコールの勉強をしたり、ももクロへの質疑応答や恒例のじゃんけん大会などでした。
そして最後に、いつもはももクロさんがさよならしつつ退場するのですが、今回は逆に僕らがさよならしつつももクロさんの目の前を通過するお見送られがありました。
一言声をかけられる感じだったのですが、楽しかったやらありがとう的なことしか言えずアドリブ力のなさを感じました。
僕は赤推しなのですが、さよならしているとき百田さんがずっと目を合わせてくれるのですげーなと思いました。
あとおでこが広かったです。

3.公式入り待ち

最初は出待ちだったのですが、LAについてから急に入り待ちになったと伝えられました。
このあたり色々ぐだぐだしていた感は否めません(オプショナルツアーを申し込んでいなくてよかった)
入り待ちもわりと遠目で眺めつつワーワー言う感じなんだろうなと思っていたら、まさかの目の前1メートルくらいで仕切りもないところをメンバーが通過するわけの分からない感じでした。

手紙やらプレゼントを渡している方がいて、なるほどその発想はなかった!と少し後悔しました。
感謝の気持ち的な手紙でもよいから渡せば良かったと。渡せる可能性を考えるべきだったと。
つらみ。
結局がんばってください的なことを伝えるのが精一杯でしたが、それでも面と向かってなんて普通に考えたらありえないので良かったです。

4.ライブ

SUNAKABURI席の2列目だったのですが、予想以上の距離にビビりました。
最初のイベントからそうですが、今回の対応はだいぶ神がかっている気が。
席は通常の1列目の前方に折りたたみ椅子でつくっていました。

同じツアーノフさん曰くこの距離感はアメリカだからこそできるのではないかという。
ライブは、これ以上もうないんじゃないかってくらい最高でした。
ももクロもモノノフも全員気合い入っているしセトリも良いし、言うならもっともっと長いことやってほしかったというぐらい。
終了後は外で海外ノフさんと写真を撮ったりしましたが、皆楽しんでる感じがあってなんか嬉しかったです。

おわり

今回のツアー、僕自身が初海外(英語も全くできない)ということもあってめちゃくちゃ不安だったし行くこと自体も悩んだのですが、結果的に参加できて本当に良かったです。
ももクロさんの各イベントも最高でしたし、なによりロサンゼルスの感じを体験できたのは貴重だったなと思いました。
このようなイベントがなかったらわざわざ海外に行くことはなかったと思います。
こういった経験をももクロを通してできたのはありがたいなと思いました。
もうしばらくこの余韻だけで生きていけそうな気がします。
同じツアーのノフさん、現地でご縁のあったノフさんには本当にお世話になりました。
ありがとうございました。