読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MacPortsで行うPythonのバージョン管理

MacPortsを使うとPythonのバージョン管理がお手軽だってことを知ったのでメモっとく。

Python2.5, 2.6

まずMacPortsを使ってPython2.5と2.6をインストールする。

  
$ sudo port install python25  
...  
--->  Installing python25 @2.5.5_1  
--->  Activating python25 @2.5.5_1  
  
To fully complete your installation and make python 2.5 the default, please run  
  
    sudo port install python_select    
    sudo python_select python25  
  
--->  Cleaning python25  

sudo port install python25したらなんでかpython2.6も一緒にインストールされた。

おそらく依存関係の都合だろうということにしといて次にすすむ。

python_select

python_selectをインストールする。

  
$ sudo port install python_select  
...  
--->  Installing python_select @0.3_0  
--->  Activating python_select @0.3_0  
--->  Cleaning python_select  

Pythonのバージョンを切り替える

Python2.5を選択。

  
$ sudo python_select python25  
$ which python  
/opt/local/bin/python  
$ ls -l /opt/local/bin/python  
lrwxr-xr-x  1 root  admin  24  9 28 00:22 /opt/local/bin/python -> /opt/local/bin/python2.5  

Python2.6を選択

  
$ sudo python_select python26  
$ ls -l /opt/local/bin/python  
lrwxr-xr-x  1 root  admin  24  9 28 00:37 /opt/local/bin/python -> /opt/local/bin/python2.6  

Google app engine用に2.5を入れてみたいなときに使ったりしてる。

2.5の中でプロジェクト単位にライブラリを管理したいみたいなときは、virtualenv