読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

第弐回天下一カウボーイ大会 + CyberSpaceCurryboys

先週、第弐回天下一カウボーイ大会に行ってきた。

今大会は、水口哲也さんの基調講演から始まり、 様々なカウボーイたちのロデオ(セッション)。

どれもとても刺激的な内容だった。 水口さんの影響を受けた作品は、とても興味深かったし、 オリンパスさん出展のモバイルEye-Trekは、驚愕の代物だった。 実用化されて、いつか世の中のデファクトスタンダードになれば、きっともっと面白くなる。

そして最後は、魅惑のalty party。 なぜかカウガールと称する女の子たちが、開始までのあいだ謎の踊りを踊っていたり、 完全に場違いであろうCanCamモデルの西山さんがゲストで来ていたり。 ハイクオリティなパーティーで、料理が半端なく美味しかった。

とても充実した1日だった。

—-

ここからは、第弐回天下一カウボーイ大会で貰ったお土産について。

この大会、お土産を貰って家に帰って食べるまでが大会らしい。 ということで僕はようやく本日、1週間という長い大会期間を終えることが出来た。

CyberSpaceCurryboys0

これが貰ったお土産の「CyberSpaceCurryboys」

お土産で(しかもダジャレで)こんなものまで作ってしまうバイタリティに感動した。

CyberSpaceCurryboys1

で、よそったらなんか青緑の変な液体が……なんぞこれ。

見た目は、もはや食物ではなく、毒物のような。

とくに米粒にちょっとついた感じがやばい。絵の具かっ…。

CyberSpaceCurryboys2

実は、2人ぶん。

犠牲者は、バナ夫・・・ではなく彼女。

最初は、絶叫して嫌がっていたけど、

CyberSpaceCurryboys3

無事?に完食。

食べてる間に笑った口の隙間から見える光景は、まるでエイリアンを捕食しているかのよう。

味が良いのに見た目だけで、こんなにため息がでるとは思わなかった。

お土産でまで無駄に未知の経験をさせてくれた今回のイベント。

次回は、0×0cヶ月後らしいのでまたぜひ参加したい。 カウボーイのみなさん本当におつかれさまでした。