読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Go で cronolog ライクにファイル作成・ログ出力するパッケージ

Go

github.com を書いてみた。似たものはあったけど、ピンポイントで欲しいものではなかったし、せっかくなので Go の勉強も兼ねて作った。 仕様 引数で受け取ったフォーマット文字列を、現在時刻に置き換えてファイルパスにする。 ファイルパスに含まれるディ…

echo で使われてる logger のベンチマークをとってみた

Go

uber-go/zap との比較が目的なので、zap のベンチマークテストと同じようなコードを書いてとってみた。 元々あったテスト(BenchmarkLog-4)と大して変わらない結果。 uber-go/zap uber-go/zap のベンチマークを同じマシンで実行した結果。 $ go test -bench…

ファイル・URLを同じインターフェースで開ける go-openuri パッケージを書いてみた

Go

github.com ruby の open-uri のインスパイアー。 o, err := openuri.Open("/path/to/file") o, err := openuri.Open("http://localhost") というようにファイルパスか URL かを気にせず IO オープンできる。 ちなみに戻り値は io.ReadCloser。

Go 1.6 で HTTP Request Context

Go 1.6(for Google App Engine)で、Go 1.7 の HTTP Request Context のような事をするメモ。 golang.org/x/net/context だけでいけるかな〜と思ったけど、そんなわけなくて、ゴリラ系のフレームワークを使った。 フレームワーク なるべく簡素にしたいし、h…

Ustream 配信ステータスを確認する

Go

ツールを作った。 GitHub - utahta/ustream-live-status: Get the ustream live status コマンドを叩くと Ustream API からチャンネルの配信ステータスを取ってくる。 $ go get github.com/utahta/ustream-live-status/cmd/uststat ... 略 ... $ uststat -na…

Go + anaconda でツイッターにビデオをアップロード

Go

メモ。 github.com/ChimeraCoder/anaconda は、media_category に現時点では対応していない。 仮にこのパラメーターを指定すると、アップロードが非同期になる。docs/upload-finalize append は1つ5MBに制限されているので、大きなビデオファイルを取り扱う…

Google OAuth2 トークンを取得する with Go

GAE/Go をちょいちょい触っている。 その中の Pull queue を試そうとしたとき、OAuth2 のトークンが必要になったので取得したメモ。 手順 Google Could Platform の API Manager から認証情報(ClientID, Secret)をつくる 下記コマンドを叩く。 [utahta@mbp…

紅茶花伝 x ももクロ第2弾ねこクロかわいい

c.cocacola.co.jp かわいい。 今回もペットボトルについてるQRコードから専用のページに飛べて、そこで動画がみれる。 第1弾は時間帯によってみれる動画がかわっていたけど、こんかいはランダム。 なのでじゃっかん面倒くささがあっぷした。 ちなみに第2弾の…

Goでブラウザ操作云々のメモ

Go

qiita.com

紅茶花伝 x ももクロの動画を自動再生していく。ただしMacに限る

一部界隈で大変好評な紅茶花伝 x ももクロの動画、みなさん見てますか!時刻によって内容が変わるため、全部みようとするとなかなか大変だと思います。端末の時刻を変えればよいとはいえ、全部で50種類以上あるわけで、とても面倒です。だけど動画は見たい。…

ズンドコ with Golang

Go

golang の勉強がてら書いてみました。 ズンドコ を投げる goroutine xN とズンドコを受け取って正しいか判断する goroutine x1。 終了処理を全く考えないお行儀の悪い雰囲気が漂うコードになりました。

goでtwitter access tokenを取得する

Go

golang 楽しいです。 twitter の access token を golang で取得してみたメモ。ChimeraCoder/anaconda を今回は使う。流れはとても簡単で、 anaconda.AuthorizationURL("http://localhost:8000/access_token") を呼ぶ ブラウザでTwitterの連携許可をする 返…